へっぽこプログラム戦記

趣味とか日常とか色々と・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラスベガスに行ってきます。

新婚旅行をまだしていなかったので、新婚旅行どこにしようかーと悩んでいたところ
海外に一回も行ったことのない英語の喋れない二人ですから
無難にハワイとかグアムとか・・。
まぁ 英語が全然喋れなくても何とかなっちゃうような国を選ぶのが普通だと思うのですが
結局行き先はラスベガス。カジノの街です。
いやー 最初はハワイとか言ってたんですけどね。皆行ってるしなんか味気ないじゃないですか。
「新婚旅行どこいったの?」って聞かれたら「え?ラスベガスだけど」とかいったら
なんか普通じゃない感じでかっこいいじゃないですか。
だから、なんとなくラスベガスいいなー。ってラスベガスに決定したわけです。

成田

んで、今成田に着きました。
なんせ初の海外旅行なんで右も左もわからない。
解っているのはノースウェスト航空の飛行機に乗るということだけ。
旅行会社から渡された手順書みたいな奴を頼りに
チェックインとセキュリティーチェックと出国審査をドキドキしながら通り抜けて
ってか、パスポートの顔も実物の顔も怪しい中国人みたいな感じだから
何かしら引っかかると思ったんだけど、全然大丈夫だった。

出国審査まで終わると周りには免税店とやらがずらり。
そこでタバコの値段を見ると・・キャスター1カートン1900円。
え?1900円!?
通常2900円なのに?なんだこの値段。
冷静になって考えると税を免除する店ってことだから
税がかかっていないタバコ本来の値段って事なんですよね。
ってことは日本国内では1箱100円の税金がかかってるって事で・・。
タバコの税金は高い高いとは聞いていましたが、こんなに高いとは。
迷わずキャスター1カートンを購入して、ノースウェスト航空のラウンジへ。

nwaラウンジ

ラウンジに入ると、出国手続き前の人はどこに行ってしまったかのようにガラッガラ。
っつーか、ラウンジ超綺麗だな。おぃ。
だだっ広くて、カップラーメンやら酒やら全部無料。

無料の食べ物飲み物達


白ワイン

ビジネス席みたいな所に行くと
電源と無線LANが出来るみたいで、早速持ってきたノートPCを繋げて現在に至るわけです。
ビールとワインが無料で飲めるのでガバガバ飲んでいたので
奥さんは居酒屋に行った時よりも酔っ払い状態。
無料って怖いですね。

戦利品

最初はガラガラで全然人がいない快適なラウンジでしたが
現在ここは異国の地でございます。
日本なのに外国人のほうが多いという異例の自体。
さっき白人のナイスミドルに話しかけられましたが、にこやかに挙動不審になりながら
「YES、Sorry!!」としか言うことができませんでした。
まだ日本なのにこの体たらく。

飛行機の登場時刻まで後約1時間。
この先どうなることやら・・・。
  1. 2007/12/13(木) 14:43:40|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

超常現象の秋 - 畑トンネル編 -

ということで、行ってきたのは埼玉県でもかなり有名な心霊スポット。

畑トンネル

地図

場所:埼玉県飯能市(西武池袋線飯能駅から車で約15分)
時間:朝7時
歴史:興味がないのでわかりません。畑トンネルに入る手前の看板を見れば解るのでそれみて下さい
噂 :人面犬,四つん這い婆さん,壁に浮き出た染み,宮崎勤殺人現場等の噂があるらしい
目的:何かしらの心霊現象が起きれば○
機材:各自デジカメ(3台)

相変わらず参加者は男だけの4人で、行った時間は朝の7時です。
朝一で古いトンネルを見に行くなんて、もうその時点で幽霊とか超常現象を期待出来ない。
肝試しとかそんなんじゃなく、小学校の頃の社会化見学みたいな事になっていますが
心霊スポットに行こう!と意気込みすぎて前日に飲みすぎ車が運転できなくなり
今回は諦めるか・・という空気になりかけたんですが
やはり諦めきれずに、仕方なく朝に行く事となりました。

畑トンネルは以前車で入れたそうですが
今はガッチリとガードレールに固められ徒歩でしかトンネルに近寄る事はできません。
ガードレール手前に車を停車させて、いざ畑トンネルに向かいます。

入り口

ガードレール付近では、まだ畑トンネルを確認する事ができませんが
ガードレールからの畑トンネルまでの距離はそこまで遠くありません。
徒歩5分くらいで着いてしまいます。
が・・。昼間だから良いでしょうけど、夜は畑トンネルに行くまででも結構怖いです。
街灯が一切ないからね、人気もないしこの付近は一人じゃ絶対に歩きたくない。

7_1.jpg


看板

畑トンネルに入る手前で、畑トンネルに関する説明が書かれた看板が立っています。
ここには幽霊が出ます!注意!!みたいな警告看板じゃなくて
普通の「畑トンネルの歴史」と書かれた紹介看板。
こんだけ有名な心霊スポットなんだから「※幽霊が出ることもあります」くらい書いて欲しい。

雰囲気でまくり

畑トンネル到着。
さすが有名だけあって、昼間来てもかなり雰囲気があります。
夜は夜で、本当に真っ暗なのでそれだけで怖いんですが、これはこれで怖い。
トンネルの中は夜みたいに真っ暗で、短いトンネルなのに向こう側の口がやけに遠く見える。

いざ。

とりあえず中へ。
水が滴れる音がピチャピチャいってるだけで物凄く静か。
反対側へズンズン進んで、何も起きないまま反対側へ到着。

出口


抜けた所

反対側は完全な獣道。
構わずズンズン進んでいけば、どこかに抜けられるらしいけど
そこまでの気力はなく、引き返すことになりました。

結局なーんもおこらない、ただの古いトンネル社会化見学になったわけですが
昼間でも十分雰囲気を味合うことは出来ました。
3台で動画やら、写真やらバシバシ撮っていましたがおかしな所は見当たらずじまい。
今度は夜にでもきてみようと思います。(近いし金かからないしね・・。)

以上、畑トンネルレポートでした。

☆○□ 予告 □○☆

次回、更に怖いと噂のトンネル「吹上トンネル」に迫る!!そこで起こった最悪の出来事とは・・!?乞うご期待!

と、テレビのような宣伝をしてみるテスト。
  1. 2007/11/11(日) 23:32:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超常現象の秋 - 思い出編 -

子供の頃から、みのさんがやってるあなたの知らない世界だとか
本当にあった恐い話だとか、アンビリーバボーの心霊写真特集だとか
そういう心霊とか超常現象番組に異常な程ロマンを感じています。

それは本当に異常な程で、たまに夜一人で外にいる時に夜空を見上げながら

「UFOさん、俺をさらって下さい。そして俺を改造して地球では絶対に手に入らないような能力を下さい」

と夜空に手をかざして念じてみたりだとか
真っ暗な一人で歩いてたら襲われたり何かが出そうな場所でも

「ここで幽霊がいきなり現れたら、絶対に友達になって幽霊と友好関係を結んでやる」

とか本気で思ってしまう、ちょっと頭が可哀想な発想を平気でしてしまうほど
心霊とか超常現象にロマンを感じているわけです。

ついこの間も、特別番組でUFOは本当に存在するのか!?科学者100人が暴く!みたいな
このタイトルだけで、番組の最初から最後までの展開が簡単に予想できてしまいそうな番組がやっていました。
内容は予想通りの展開で、UFO研究家みたいな肩書きの人がたくさん出てきて、あーだこーだ解説をするわけです。
結局正体不明,原因不明。次回は凄い発見が!!必見!!という感じだったのですが
どうせ次回も同じような内容、何も解明されないまま謎は次回解明される!なんて展開に絶対になるんです。
それが解っていても、番組の最初から最後まで食い入るようにみていました。
途中奥さんが「こんなん絶対やらせだよ。くだらない。」と番組を全否定していましたが
そんな事をいってしまったら面白くない。ロマンがない。改造をして貰えない。

でも、奥さんもそうですが解ってくれる人がなかなかいないんですよね。

高校の時もそうです。
数少ないオカルト好きなメンバーが集まって、心霊スポットに行く事になりました。
通常心霊スポットというと肝試しがベターで、男女でペアになったりなんかして

女:「怖いよぅ手繋いでいい?」
男:「うん、大丈夫だよ俺がついてるだろ!」
女:「あぁ、頼もしいわ。素敵」

ガサッ!

女:「きゃーーーー!!!」
男:「おいおい、大丈夫だよ。ただの風さ」
女:「あなたって冷静なのね。好き!」

と、男が女の子とイチャイチャする為に心霊スポットに行くような物で
幽霊なんてソッチノケ。肝なんか全然試されちゃいない、完全にエロ目的に利用されるような場所ですが
俺達の場合は、そんな甘っちょろいエロ目的なんかで心霊スポットには行きません。というか行けません。
一応共学でしたが工業高校ですので、まわりは全て男、異性がいたとしても怪獣クラスの猛者が数人。
その怪獣クラスの方々にも、緊張して声をかけられないほどのチェリーボーイでしたから
「心霊スポットに行く」という目的の中に、エロエロなシチュエーションは皆無。
そんなチェリーな俺達の掲げた目標は

「心霊写真を撮ってアンビリーバボーに投稿して一儲けする」

バイトもろくにしていない、出会いも何もない、頭の悪い貧乏高校生の一般的な発想だと思います。
この目標を掲げて、心霊スポットに行くということになっただけでテンションは最高に。幸せな奴らです。

その日の夜、インスタントカメラを片手に近くのコンビニへ集合。
そこで心霊写真を撮るぞ!と意気込んで写真を1枚撮り心霊スポットへ。
いった場所は、心霊スポットとしてはそこまで有名ではない地元の墓地で
有名でないとはいえ、かなり雰囲気がでていまして
女の子は一人もいないんですが、みんなで力強く手を繋ぎながら墓地の中を歩くという
はたから見たら不審者極まりない。ある意味幽霊より怪しい装いで撮影を開始しました。
よく撮影をしている時に、シャッターが降りないだとか、フラッシュが焚かれないだとか
心霊現象で機材のトラブルが発生するなんていうことがありますが
そんなことは何もなく、順調に撮影をして終了。なんだか拍子抜けという感じでした。

後日、あまり期待していなかったのですが
写真を現像してみると人の影が写っているとかそういうリアルな心霊写真じゃありませんが
他の写真ははっきりクリアに写っているのに
その写真だけ写真全体位の大きさの大きな煙のような物が写っていて
見方によっては、おばあさんの顔にも見えるといった微妙な写真が1枚。

これは心霊写真に違いないと確信した俺と友達は、次の日他のメンバーに報告。
メンバー全員で、これはイケる!アンビリーバボーに送ろうぜ!!なんてはしゃいでいました。
この心霊写真が撮れた感動を他の奴らと分かち合おうと、意気揚々とその写真を見せに行くメンバー。

俺:「ほら!心霊写真が撮れたぜ!これやばくない!?」
友:「え?なにこれ、煙じゃないの?」
俺:「いやいやいや、ここには何もなかったんだって!それにここお婆さんの顔っぽくない?」
友:「ふーん。まぁ見えなくもないけど霧とか煙でしょ」

非常にロマンが感じられない現実的な発言。
仕方がないので、担任の先生に同じように報告すると

担:「お前らが吸った煙草の煙じゃないのか?停学にすんぞ。」

とロマン以前に脅され、誰も心霊写真だと驚いてくれない。
挙句の果てに、オカルト大好きメンバーも誰も驚いてくれない雰囲気に飲まれて
その心霊写真をアンビリーバボーに送る。というモチベーションが一気に無くなり。
それ以来肝試しにも行かなくなってしまいました。

解ってくれる人の少ない現実的な世の中ですので
例えこの時に宇宙人と2ショット写真を撮った写真を見せたとしても
「へぇー凄いねぇ。これパソコンで合成したの?こんなのより、アイドルの顔写真とAV女優の顔挿げ替えた写真作ってよ」
とか言われて終わっていたに違いありません。

なので、ここ最近まで久しく肝試しなんて物に行かず
個人的にひっそりと楽しんでいたんですが、最近付き合ってる連中がオカルト好きな奴らなので
この間ちょっとした心霊スポットに行ってきました。

次回はその時のレポートを書きたいと思います。

  1. 2007/10/31(水) 00:52:28|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ipodをカスタマイズ

ipod nanoを購入してから約1年程度。
購入当初は、これが最近噂のipodか。さすがにお洒落!人気が出るだけの事はある!と
テンション高めで、傷を付けたくないからとシリコンケースやら、ハードケースやら
色々なオプション品を買って大事に首から垂らしながら使用していました。

購入してから1,2ヶ月たったあたりで、ケースの設計ミスか何かわかりませんが
軽く小走りした時に、首から垂らしていたipodが前方へ華麗にダイブ。
小走りしていたのでスピードがついていたらしく
地面にダイブしたipodが、カラッカラッカラーというこれまた華麗な音を立てながら
勢いよく回転しつつ地面を駆け抜けていきました。

一瞬何が起こったか全然わからなかったんですが
約5m前方で転がっているipodをみて顔面蒼白。
首からはただのプラスチックケースがパッカリ口をあけた状態で揺れています。

慌ててipodに駆け寄って状態を確かめようとした時
足を踏み込む場所を誤ってipodの上に位置づけてしまい
そのまま足がipodへダイブ。


・・・終わった。


ipodは経済的になかなか買うことの出来ない高価な物でしたので
手に入れたことが凄く嬉しくて、それだけ大事にしていました。
それを自ら踏み潰して壊すという、自分に対するアメとムチ。
そんなムチはいらない!SかMかと聞かれれば確実にMだけどそんなムチは嬉しくない。
自分で踏み潰してしまっているので、誰にもあたる事ができず
どうにもやりきれない気持ちで、足の下にあるipodを拾い上げました。


・・・・ピッ!


おぉ!!壊れてない!!
自分の耳についている、既に耳栓の役割も果たせずにいるイヤホンをipodに装着して音を確認。
うん。全然問題ない。
ただ・・・ipodのトレードマークともいえる、鏡面がネコが爪でも研いだように傷だらけ。
操作する所は10個位ヒビが入ってる。
まだ1,2ヶ月しかたっていないのに10年くらい使い続けてるくらい傷だらけ。
壊れていなかったのは不幸中の幸いですが、ショックで涙が出そうになりました。

もう、これだけ傷だらけのipodになってしまうと、まずケースの価値がなくなります。
傷だらけのipodをケースに入れて何から守るんだという事でケースは全て捨て。
特に原因となったケースはバキバキにへし折って、ヒステリックに捨ててやりました。
あとあれだけ大事にしていたipodに対して、愛情という物がなくなりどうでもよくなります。
平気でポケットの中に鍵とipodをタンデムさせたり
家に帰って椅子の上に放り投げたまま、忘れてその上に座って屁をこいたり。

でも、新しく買いなおしたり出来る余裕も威厳もないので
普通にipodを音楽プレイヤーとして使用していました。

ここからはマニアックな話 ------

今となっては傷だらけのipodなんか壊れても屁でもない
というこだわりのなさなので、ipodを使いつつ新鮮な気分を味わう事は出来ないかなぁと調査。

ipod。なんか色々出来そうです。

まず、純正のファームウェアの他に2種類非純正のファームウェアがあるみたいです。
ファームウェアって言うのは
ipodの液晶に表示されるメニューだとか、音楽の再生だとかを全部制御しているソフトの事。

・Apple純正ファームウェア(普通のipodの操作画面)
・RockBox(有志の方々が作った細かなカスタマイズが出来るオープンソースファームウェア)
・ipodLinux(こちらもオープンソースファームウェアipod版Linux)

一応、非純正ファームを2種類両方入れてみたけど、実用性があるのはRockBoxでした。
ipod linuxのほうは動画再生できないipodで動画再生したりだとか、ゲームボーイを動かしたりだとか
面白い部分は一杯あるんだけど、電池の消耗が激しかったり、操作性が悪かったりで実用性がない気がします。
RockBoxの方は、音質設定が通常のipodより細かく設定できたり
テーマ(デザイン)をオリジナルで簡単に作成したり出来るので面白い。
ipodlinuxと比べて、かなり音楽再生に特化させたファームウェアなので
もともとipodの用途が音楽プレイヤーなので、linuxよりRockBoxの方が使えます。
(通常のipodファームより音楽再生部分が劣るか同等じゃ入れる意味ないしね・・)

というわけで、RockBoxを自分のipod nanoに導入して新鮮さを味わう事にしました。
RockBoxをただ単に入れるだけだとつまらないので、オリジナルのテーマを作成↓

RockBox

これで気分が少しだけ新鮮に☆
ipod持っている人は是非お試しあれ。自己責任で。
たまにはこういうマニアックな日記もね。

参考

RockBox 本家
http://www.rockbox.org/

RockBox Wiki
http://somewhere.babyblue.jp/wiki/pukiwiki.php?ReadMe

RockBox インストール,設定解説
http://ipod.top-arrow.net/

ipod linuxインストール解説
http://shopdd.blog51.fc2.com/blog-entry-526.html
  1. 2007/10/23(火) 23:54:57|
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミイラ取りがミイラになる

940円・・。

某リサイクルショップに立ち寄った時のことでした。
ジャンク品コーナー。
いわゆる壊れたり、古くなったり、中古としてのレベルに達していない商品を動作保障なしで売っている場所です。
そこに転がっているのは、激しく壊されてしまったPSPの残骸。
その中にある940円のPSP液晶部品。

買うべきか買わないべきか・・。

いや、普通の人なら買わない。っていうか壊れてるゴミのような物を売るっていう事自体意味が解らないと思う。
ゴミを買うか買わないか悩むなんて他人には理解しがたい、新宿駅辺りでダンボールに住んでいる人のような感性です。

でも欲しい。もしかしたらこの液晶はまだ動くかもしれない。
見た感じも、PSPとしてはゴミと化してしまっているけど、液晶の部品は綺麗だ。
この液晶部品を新品で買うことも出来るけど、新品は5000円以上するんだ・・どうしよう。うーん・・・買う!

ということで、その動作保障一切無しの940円ゴミ液晶がまだまだ使う事ができると
何も根拠がないのに信じ込み、ウキウキしながら家路へと付くのでした。

ただ、買う前にもうちょっと後のことを考えろって思うんですけど、俺PSP持ってないんですよね。
新品だと5000円以上する物が、ジャンク品とはいえ940円で売られている事に大いに舞い上がってしまっていたんですが
PSP持ってないんですよ。だから液晶だけ買っても何の意味もない。それこそガラクタ。
だから、その液晶を有効利用する為には、PSPを手に入れなくちゃいけない。それも液晶部品が壊れている奴を。
仕方がないので、次のターゲットは液晶がピンポイントで壊れているPSPになりました。

まぁ、今の時代インターネットという便利な物がありますからインターネットオークションで探してみる事に
するとちょっと検索するだけで、液晶が壊れているPSP達がゴロゴロヒットしました。
液晶が壊れるっていうと
大抵は液晶を割ってしまって中から液が漏れて映らなくなってしまうっていうのがほとんどで
ゴロゴロヒットしたPSP達もほぼ全てがその症状でした。

なんだ、みんなアホだなー。液晶割っちゃう奴って一杯いるんだな。
俺は液晶を割ってしまって、どうしようも出来ないPSPをオークションに出しちゃう奴とは違う。
そいつらがどうしようも出来ないPSPを俺はどうしようも出来る!

と、凄くくだらない優越感に浸りながら、どの液晶割れPSPを手に入れようか吟味していたんですが
液晶が割れていて、どうしようもなくなってるくせに、結構な値段するんですよね。
自分で液晶壊しといて、どんだけ元を取ろうとしているんだと若干頭にきました。
でも俺はどうしても液晶が割れているPSPが欲しい。
新品のPSPよりも今は液晶割れのPSPが欲しい!!


・・・いや、それはない。新品で手に入るなら新品がいい。


新品なんて手に入れる経済的余裕はないので、仕方なく液晶割れのPSPを出来るだけ安く5500円で手に入れました。
この時点でジャンク品の液晶とジャンク品のPSP合わせて6440円。
その他、その液晶割れのPSPは電源アダプターが付いていなかったので、それを別途800円で購入。
トータル7240円。。結構な金額です。探し方によっちゃ、中古(アダプタ付き)が買えるくらいの値段です。

まぁ、趣味として楽しめたしPSPの中古がこの値段なら良いだろう・・。

と強引に納得して、液晶割れのPSPが届くのを心待ちにしておりました。

1週間後。

まちにまった壊れたPSPが届く日となりました。
壊れたPSPが届くのをこんなに心待ちにしている奴なんていうのは
日本広しといえども、俺くらいだと思うんですが
いやぁ その日はワクワクワクワクしながら
今か今かと、宅急便屋さんを待ち構えておりました。

ピンポーン。

来た!!

早速届いた箱を開けてみると
壊れたPSPが大切そうにプチプチにくるまれて入っています。
壊れているのに、無駄にプチプチを使われて梱包されているPSP。
あぁ、送り主も俺と同じような感性の人なんだな
ゴミをこんなに大切そうに梱包して、このゴミも本望だろうなと
若干親近感を覚え、その無駄なプチプチを剥いでいきました。

PSP


プチプチを剥いで露わになったPSP。
外観はとても綺麗です。こりゃー直ったら7240円じゃ安い!
電源を入れてみると、見事に液晶割れ。

よっしゃ!!早速液晶を交換しよう!
作業時間約10分。何の苦労もなく液晶を交換できました。
さぁ。これで直ったはずです。
これで俺も一端のPSPユーザー。ゲームやり放題だぜ!

スイッチオン!









PSP2













割れてました・・・。







最初についていた液晶の割れ具合よりも酷い。
これじゃあ 電源が入ってんのか切れてんのかもよく解らん。
明らかに使用不能。というか中古じゃなくてジャンク品ですよ。

さっき、PSPの液晶を割ってしまった人をアホといいましたが、すいませんでした。
ここまでの過程をやるまで、自分のとっていた異常な行動に気がつきませんでした。

わざわざ液晶の割れているPSPと既に割れているPSPの液晶を買って、その液晶を交換して楽しむ。
それも、7000円以上かけて・・。
何の保障もない液晶部品を完全に使えるから大丈夫!!と確信していましたからね
なんだぞりゃ。その時点でどうかしてる。

交換する液晶が割れていたら。ということを一切想定していなかったので
この後自分でどうする事もできなくなってしまいました。
なので、インターネットオークションにジャンク品として出品。
7240円かかっていたPSPが5500円で落札されたのでした。

こういうことを「ミイラ取りがミイラになる」っていうのかしら。
いいよ、もう。俺のHNまみぃだし、いくらでもミイラになってやる。



はぁ・・-2000円か。きっついなぁ。
  1. 2007/10/17(水) 23:30:33|
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ 次のページ

プロフィール

のんだくれ親父

Author:のんだくれ親父
職業:プログラマー
趣味:デジモノ,PC全般
年齢:25歳
住所:埼玉県

カレンダー

カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

テスト

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Access from everyone

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。