へっぽこプログラム戦記

趣味とか日常とか色々と・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

貧乏夫婦

ラスベガス2日目でタクシーに乗せられた後、20分弱タクシーに乗っていると
目的地のヒルトンホテルが見えてきました。

モーテルではない

モーテルの名前がヒルトンっていうだけとか、そういうパチモンのヒルトンじゃなく
正真正銘の日本でも有名なヒルトンホテルです。
タクシーの運転手さんにちゃんと領収書をもらい、ヒルトンホテルの中へ。
関西のおじさんは「日本デスクへ行け」と指示を出していましたので
とりあえず日本デスクを探すことに。

ヒルトンホテルの中に入ると、他のホテルに負けず劣らず豪華な作りになっていて
さすがに騙す目的だけで、こんな豪華絢爛なホテルを建てることはしないだろうとまずは一安心しました。
しかし、もしかするとここのホテルの1室だけを借りていて、そこを日本デスクということにして
何もわからないアホな日本人夫婦を拉致監禁する目的なのかもしれない・・と油断は出来ませんでした。

ホテルの廊下をしばらく進んでいくと、外人さんが受付をしているホテルのフロントがあり
その隣に、明らかに即席で作っただろ?と言わんばかりの日本人らしき女性が座っているテーブルが見えました。

あぁ・・あれが日本デスクか・・。日本の扱い酷いな。

その即席日本デスクを凝視していると、日本人らしき女性もこちらに気づき

女「あ、まみぃ様ですか?お待ちしておりました。こちらへどうぞ」

と進められたのは、2つのパイプ椅子。まぁ即席ですからね。
椅子に座り、特に話すこともないので、ここにきてようやくその説明会とやらの内容を聞いてみることにしました。

俺「あの・・説明会といわれたのですが、いったい何の説明会なんですか?」

キョトンとする女性。まるで、なんで説明会の内容を知らないの?といわんばかり。
こちらもその反応に対してキョトンとするしかないので、キョトンとしながら黙っていると

女「今回の説明会というのは、こういうものになります」

見せられたのは、世界各地のヒルトンホテルが載っているパンフレット。
なんでも、1年を52週に分け、高級リゾートコンドミニアムの1室を
自分の部屋として1週間所有する権利の購入をする、いわゆるタイムシェアの説明会のようです。

いやいやいや、今の財政上そんな権利は微塵も要らないですよ。

前にも書きましたが、俺達の風貌を見た感じどう考えても別荘なんて持てるようなオーラは出してないでしょう。
無料カジノレッスンの「無料」という言葉がついていなかったら
そのまま華麗にスルーするような庶民的な若夫婦ですよ。金がかかるんだったらスロットマシンやビデオゲームで我慢しますよ。
無料レッスンをしている時点で
「あぁ、こいつらは生きるのに必死なんだな。とてもじゃないが別荘なんて持ってる余裕ないな」って
その無料レッスンで見定めて、その後の説明会にかかる人件費やらタクシー代やら節約すればいいじゃないですか。

その後、デスクの女担当者から、営業担当の秋葉な感じの男性にバトンタッチして
コンドミニアムのモデルルームを案内されます。
部屋は普通のホテルとは違って、マンションのような作り。
システムキッチンもあるし、部屋もリビングとダイニングと寝室に分かれていて凄く広い。

俺「へー。凄いね。コンドミニアムってこんなになってるんですね」
奥「ひろーい。こんな所に泊まれたらいいねー。」

まぁ。こんなリアクションしか出来ませんよね。だって買えないですもん。
営業担当の秋葉さんも、そんなリアクションしかとれない夫婦に言葉も出なかったんでしょうか
営業トークがマシンガンのように出てくるのかと思ったら、対して喋らず

秋「まぁ、こんな感じです。」

モデルルームはそこそこに、早速説明会の為に一階へ移動。

秋「お昼は済まされましたか?もしよかったらここで好きな物食べてください」

そこは小さなカフェみたいになっており、軽食と飲み物が飲めるようになっていました。
その日は何も食べてこなかったので、結構お腹が空いていたのですが
ここで何かを貰ったら、断りにくくなるなーと思い丁重にお断りしました。
そして説明会へ入ります。

秋「えっと、今回は新婚旅行でこちらへいらしたということで」
俺「はい」
秋「このヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブについてはご存知ですか?」
俺「いや、無料カジノレッスンが受けられるということで、今回こういう説明会がある事自体知りませんでした」
秋「あ・・・そうですか。。あはは」

雲行きが怪しくなる説明会。やっと気づいたようです。俺達の金のなさに。
もう気づいたら秋葉さんのやる気は一気に底辺へ。
一応説明はしてくれるんですが
苦笑しながら「こんな説明しても無意味だな」という言葉が聞こえてきそうなくらい説明が棒読み。

秋「まぁ、こんな感じです。」

3人で顔を見合わせて、全員で苦笑。
最初騙されてるんじゃないかとこちらが思ってたんですが
なんか逆にこっちがヒルトンを騙しているような空気になってしまい
警戒心から、申し訳ないという気持ちで一杯になってしまいました。

秋「どうします?興味ありますか?ご検討いただけますか?」
奥「こういうのを持てたらいいっていう、夢はありますけどね・・今は無理ですね」
秋「ですよねー。わかりました。あはは」

ここまで賞味15分。営業が終了してしまったので3人で無言に。

秋「・・・うーん。30分以内に説明会を終わらせちゃうと怒られちゃうんですよね。。」
俺「なんか・・すいません」
秋「いや、今日はもういいんです。こういう日もありますよ。何か聞きたいことがあれば何でもいってください」
俺「なんでも・・?じゃあ全然説明会に関係ないことでもいいですか?」
秋「はい?」
俺「この辺に地元の人が行くようなスーパーとかってないですかね?」
秋「は?」

日本でラスベガスを調査している時に、有名な観光地やショッピングモールの他に
庶民的な、地元の人が買い物するようなスーパーとか電気店にもいってみたいねと計画していました。
ある程度地図で調べていたにはいたんですが、現地に来るとわからないもので
どうやって、地元の人が行くようなスーパーにいこうか悩んでいたんです。
「何でも聞いてください」といわれたので
ラスベガスに来てツアーコンダクターの方の他に、始めて気兼ねなく日本語で質問できるチャンスです。
ここで聞かない手はないと思い、説明会の趣旨とはかけ離れすぎて「は?」と言われちゃってもしょうがないですが
そんな気にしない。関係ないから。関係ないから。

秋「うーん。私もここら辺に住んでる訳じゃないので、あまり詳しくはないんですが、この通りを真っ直ぐいって・・」

とてもいい人だ。事細かにスーパーの場所を説明してくれて、最後には「夜は行かないほうがいいですよ。危険ですからね」と
こっちの心配までしてくれている。たまに甲高い声で「うひひひひひ」って笑うところは気持ち悪いけど凄くいい人でした。

俺「今日は本当にすいませんでした」
秋「全然大丈夫です。今日は友達のパーティがあるんで私も早く上がりたかったんですよ」
俺「あはは、そうなんですか」
秋「もしよかったら、軽食も飲み物も全部無料なので、勿体無いですから食べていってください」

そういわれて、最後にコーヒーとパウンドケーキみたいな物をだされ

秋「じゃあ、私はこれで。これタクシー代です。気をつけてお帰りくださいね」

タクシー代として20ドル。
ごめんよ、秋葉さん。ごめんよ、ヒルトン。
最初は騙されてどうなることかと思ったけど、結果的に色々貰ってしまって・・・。

ヒルトンでの収穫↓

フラミンゴホテルのトランプ
ブラックジャックの解説書
パウンドケーキ
コーヒー
現金20ドル

日本に帰ってきて、もう一度申し込んだホームページをみたら
ちゃーんと「ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ」と書かれており
説明会の内容も書かれていました。

奥「なんか、あの人気持ち悪かったけどいい人だったね。」

秋葉な営業さん、奥さんにも好印象でしたよ。本当にどうもありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 23:49:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あやしいレッスン

ブラックジャックテーブル

ラスベガスといえばカジノ。
カジノには色々なゲームがあって
気軽に出来るスロットマシンやビデオポーカーもあれば
実際にディーラーがいるブラックジャックやルーレット等
英語力とゲームルールのスキルがないと出来ないようなゲームもあります。
スロットマシンやビデオポーカーだけで十分楽しめますが
折角ですからディーラーがいる本場のカジノゲームも楽しみたい。

ということで、英語力はすぐに身につけることは出来ないので仕方ないとして
ルールだけでも覚えて、そういうゲームに少しでも参加出来るような知識をつけようと
カジノレッスンなるものに参加することにしました。
日本にいる時に予約した無料カジノレッスンで、ラスベガスのフラミンゴというホテルで開催。

フラミンゴ

待ち合わせ時間より少し早い時間に到着して、フラミンゴホテルを見学していると
待ち合わせ場所に日本人のおじさんが一人キョロキョロしています。
おそらくあの人がレッスンの人だろうと近寄っていくと、その人もこちらに気づいて

お「まみぃ様ですか?」

と声をかけられました。
他にも無料カジノレッスンの参加者がいると思ってたんですが
俺達の顔を見た瞬間に俺が「まみぃ様」だとわかるっていうことは

俺「他に参加者の方はいないんですか?」
お「そうなんですよー。この時期は参加者の方が少ないんですよね。あ、私こういう者です」

軽快な関西弁で渡された名刺を見ると、肩書きに「ヒルトンホテル」とかかれています。

え?フラミンゴホテルじゃないの?

フラミンゴホテルを待ち合わせ場所にして、肩書きがヒルトンホテル。
参加者が俺達夫婦のみ。
それに軽快な関西弁で、かるーい感じ・・・なんかうさんくさい。

お「この後、カジノレッスンが終わり次第、場所を移動していただいて説明会がありますので」
俺「あ・・・はぁ。わかりました。」

説明会って・・・何の説明会ですか?
ますます雰囲気が怪しくなる無料カジノレッスン。
まぁ、なんかやばくなったら即座に走って逃げればいいや。
と怪しさプンプンの無料カジノレッスンに参加することにしました。

カジノフロア

場所を移動して、フラミンゴのカジノフロアへ。
ヒルトンの方がフラミンゴのカジノフロアをレッスン用として使っていいのかよと
突っ込みたかったんですが、話はとんとん進んでいきます。

お「ここは、普段ビップの方が使う場所なんですけどね、昼間は使ってないんですよ」
俺「へー」
お「もう少しお待ちくださいね、すぐにディーラーの方が来ますんで」

5分たたずして、外人ディーラーの方が登場。

デ「オーウ!ヨコソイラッシャイマシター!」

すんごいハイテンションなディーラーさん。
超片言ですが、昔広島に住んでいたらしく日本語も少し出来るよう。

お「この方は、実際にフラミンゴホテルでディーラーをしている方で、Qちゃんって言うんですよ」
Q「Qチャンデース。ヨロシクオネガイシマース」

Qちゃんて。オバケか。
なんか、Qちゃんのインパクトに押されて何もいえない状況でどんどん話は進みます。

Q「キョウハ、ブラックジャックノレッスンをオコナイマース」

そういって始まったのは、ブラックジャックの本格的なレッスン。
Qちゃんの方は超片言なので、一生懸命日本語で説明するんですが
結局関西のおじさんが軽い関西弁で説明しなおすという面白いレッスン。
Qちゃんも関西のおじさんも
物凄く一生懸命ブラックジャックを教えてくれてしかもマンツーマン。
時間的には30分程度でしたが、非常に勉強になりました。
最後にブラックジャックのルールが書かれた名刺サイズのカードと
実際に使われている、フラミンゴホテルのカジノトランプを貰ってレッスン終了。

非常に勉強になって、お土産まで貰ってしまったんですが
最初の怪しさがぬぐえず、素直に喜ぶことが出来ませんでした。

お「では、これでカジノレッスンは終了です。この後ヒルトンホテルの方で説明会に参加して頂きます」
俺「あぁ。はい」
お「ヒルトンまでは、タクシーで行って頂きますので、タクシー乗り場に行きましょう」

タクシー・・・何処に連れて行く気だ・・・。
不安一杯でタクシー乗り場へ向かう途中、不安感を感じていることにおじさんが気付いたのか

お「大丈夫ですよ。タクシー代は全てこちらで持ちますから」

いやいやいや、不安なのはそこじゃないですよ。
タクシー乗り場につき、俺達がタクシーに乗り込むと

お「では、ヒルトンホテルに着いたら日本デスクの所にいって下さい」

ありゃ、おじさんは乗らないのか・・。じゃあこのまま逃げることも出来るじゃないか。
おじさんがいなくなり、タクシーはヒルトンホテルへ向かいます。

奥「ねぇ・・なんかあやしくない?大丈夫?」

奥さんも不安に感じていたらしく、おじさんがいなくなったとたん弱気発言。
俺もそこでタクシーを降りて逃げようかと思いましたが、向かっている場所はヒルトンホテル。
ヒルトンホテルって言えば日本でも名の知れたホテルです。
それも、あの怪しいおっさんがタクシーに乗り込まないで
俺達二人だけを普通のタクシーに乗り込ませて、ヒルトンホテルに向かわせてるんです。
さすがにヒルトンホテルが、見た感じどう考えても金を持ってなさそうな俺達に対して
騙すなんて事はしないだろうし、あんなに一生懸命カジノレッスンをしてくれたし
とりあえず逃げないで最後まで行って見ることにしました。
  1. 2008/02/07(木) 23:05:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

のんだくれ親父

Author:のんだくれ親父
職業:プログラマー
趣味:デジモノ,PC全般
年齢:25歳
住所:埼玉県

カレンダー

カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

テスト

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Access from everyone

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。